サジーで貧血対策即効【2018年最新情報】自分で治せる決定版

鉄分補給だけじゃ改善しない貧血。三つの裏技でスッキリ!

妊娠中の貧血に【貧血改善サプリオススメ】ランキングBEST5

妊娠中は貧血になりやすい。

新しい命を宿したプレママの身体は、大きな変化を迎えます。
妊娠すると疲れやすくなったり、少し動いただけで動悸がしたり、「なんだか疲れがたまってる」と感じることが多くなりますが、実はこれらは疲労のせいだけ絵なく、貧血の症状でもあるのです。

妊娠中に起こる貧血の多くが「鉄欠乏性貧血」。身体中に酸素を運ぶヘモグロビンの原料の一つ「鉄分」が不足することで、身体が酸欠状態になってしまい、めまいやふらつきなどの症状が起きます。

 

なぜ、妊娠中は特に鉄分不足になるの?

 

赤ちゃんはママの血液からもらう以外の栄養補給はできません。もともと女性は妊娠前から鉄分不足の方が多いのですが、妊娠中はプレママの体に供給される鉄分が、優先的に赤ちゃんへと送られます。
その結果プレママ自身の鉄分が不足して貧血になります。

さらに、つわりのきついプレママは十分な栄養を補給できない日々が続きます。
鉄分は吸収率が低く、。食べていても不足しがち。食事が減ってしまえば鉄分不足はどんどん進みます。

元気に育って欲しいから、鉄分とらなきゃ

 

妊娠中の貧血は、お腹の赤ちゃんに悪影響があります。

赤ちゃんへの鉄分供給を優先することでプレママが「鉄欠乏性貧血」になる。
その状態が続けば、お腹の赤ちゃんにさえ充分に鉄分をあげられなくなります。そうなると怖いのは

  • 早産
  • 胎児発育不全

などの可能性です。

特に妊娠初期は、赤ちゃんの基礎的な器官を形成する重要な時期です。
妊娠前から貧血改善に努めるのが理想的です。

 

妊娠してからは毎回「貧血の検査」があります。もし、ヘモグロビン値が低く、貧血だと診断されると「鉄剤」が処方されますが、つわりのきつい方や便秘がちな方にはなかなかツライものです。

食事で補給するのが一番ですが、そうもいかない時は【妊娠中貧血にいいサプリメント】の服用も選択肢の一つにしましょう。

サプリメントを選ぶとき、もちろん鉄分の含有量も大切ですが、添加物のなるべく少ないものを選ぶようにしましょう。添加物をとると、それはそのまま赤ちゃんの身体に入ってしまいます。

固形のサプリメントは、固める薬を使ってるから、なるべく摂りたくないけど。

 

妊娠中の貧血にいいものベスト5

第1位は「豊潤サジー」

 

>>>第一位の理由は?

添加物なし。原料は99.9%の果汁と0.1%のハーブのみだから、赤ちゃんにも安心

 

他の時期なら、お手軽なサプリメントや製薬会社の錠剤でも全然構わないと思います。
でも妊娠中は自分のことだけでなく、お腹の赤ちゃんにも充分気をつけたい

私たち大人の体は添加物にも対応できるし、添加物に対する体のストレスにも耐えられるkれど、赤ちゃんはどうでしょうか?

※「そんなの気にしすぎよ!」というプレママには2位以下の錠剤をオススメします。

 

>>>豊潤サジー(天然果汁)の特徴は?

まったく自然な果実ジュース。濃厚なピューレ

 

ヘモグロビンを作るのに必要な「鉄分」「アミノ酸」をセットで摂れる

 

貧血を改善するにはヘモグロビンの数を増やさなければなりません。鉄分を頑張って摂っても鉄分だけではヘモグロビンはできません。サジージュースにはヘモグロビンを作る鉄分とアミノ酸がたっぷり。しかも添加物でない天然栄養素
貧血改善セットがいっぺんに摂れる天然果汁です。

 

200種類以上の天然栄養素の入った果物ジュース

 

豊潤サジーは日本ではあまり馴染みのない「サジー」という果物を裏ごしして、とろとろのピューレにしたもの。サジーという果物には

  • 鉄分がプルーンジュースの22.7倍
  • ビタミンCがレモンジュースの10倍
  • ビタミンEがくるみの3.12倍
  • リンゴ酸がリンゴジュースの7倍

その他ビタミンB12や葉酸も豊富に含まれています。しかも工場で後から添加したものでなく、天然栄養素。
自然の薬箱と呼ばれるサジーの果実をそのまま食べてるのと同じ安心感があります。

 

赤ちゃんの体を作るアミノ酸18種類が入ってるから、お腹の赤ちゃんも喜ぶ

 

人の体はアミノ酸という部品でできています。サジージュースには18種類のアミノ酸が入ってるので、お腹の赤ちゃんがすくすく育ちます。

アミノ酸の中には「食事でしか摂れない必須アミノ酸」というものがあります。体内で作り出せないので、足りなくなると欠乏症に。サジージュースには「必ず摂らなければならない必須アミノ酸」が8種類全種含まれています。
最高のアミノバランスです。

 

サジージュースは体全体の調子を上げる天然果汁

 

サジージュースは貧血改善だけの目的のために飲まれているのではありません。体に必要な200種類以上の天然栄養素が様々な体のトラブルを解消します。

サジージュースを飲んだ人の体験談を読むと

  • 便秘が改善した(腸内環境が改善したため)
  • 肌の調子が上がった(腸内環境が改善したため)
  • 冷え性が解消した(血流がアップするため)
  • 髪の毛や爪の質が上がった(豊富なアミノ酸により)

など、「栄養バランスが悪いことから起きるトラブル」がぐんぐん改善するようです。

 

結論:添加物なしの天然栄養素で貧血を改善したい。お腹の赤ちゃんを無事に、丈夫に育てたい方には「豊潤サジー」がオススメ

 

 

妊娠中の貧血にいいものベスト5

第2位は「ファイチ」

>>>第2位の理由は?

貧血改善の医薬品としてポピュラー。葉酸もビタミンB12も配合されている。

お茶やコーヒー、ココアや牛乳などは、鉄を吸着して吸収を阻害してしまいます。 医薬品ファイチは腸で溶けるフィルムコーティング錠で、鉄が胃で食べ物と接触するのを防止するため、効果的に成分を体内に吸収できます。

医薬品ファイチには、鉄分だけでなく、ビタミンB12や葉酸も配合されています。

 

配合成分

  • 溶性ピロリン酸第二鉄:79.5mg
  • シアノコバラミン(ビタミンB12):50μg
  • 葉酸:2mg

 

添加物

  • 乳糖
  • ヒドロキシプロピルセルロース
  • タルク
  • ステアリン酸Mg
  • ヒプロメロースフタル酸エステル
  • クエン酸トリエチル
  • 白糖
  • ゼラチン
  • アラビアゴム
  • 酸化チタン
  • 炭酸Ca
  • ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール
  • 赤色102号
  • カルナウバロウ

 

 


貧血と聞くと血が足りないと思う方が多いですが、正しくは血液の中のヘモグロビンが減っていることが原因です。

ヘモグロビンは酸素とくっつき、全身へ酸素を送り届ける役割を持っています。そのためヘモグロビンが減少すると、全身が酸素不足で「酸欠状態」となり、めまいや動悸、息切れなどの貧血の症状が現れます。

貧血の原因として最も多いのは、体中に酸素を運ぶ働きをするヘモグロビンの重要な材料のひとつである鉄分が不足することによる鉄欠乏性貧血です。


妊娠中の貧血にいいものベスト5

第3位は「マスチゲン錠」

>>>第3位の理由は?

貧血改善の医薬品。いわゆる「鉄剤」です。鉄分の補給には「鉄」だという方向け。配合されている溶性ピロリン酸第二鉄により便秘になったり便が黒くなることがあります。

 

配合成分

  • 溶性ピロリン酸第二鉄:79.5mg(鉄として10mg)
  • ビタミンC:50mg
  • ビタミンE酢酸エステル:10mg
  • ビタミンB12:50μg
  • 葉酸:1mg

 

添加物

  • ラウリン酸ソルビタン
  • ゼラチン
  • 白糖
  • タルク
  • グリセリン脂肪酸エステル
  • 二酸化ケイ素
  • セルロース
  • 乳糖
  • 無水ケイ酸
  • ヒドロキシプロピルセルロース
  • ステアリン酸マグネシウム
  • クロスポビドン
  • ヒプロメロースフタル酸エステル
  • クエン酸トリエチル
  • ヒプロメロース
  • 酸化チタン
  • マクロゴール
  • カルナウバロウ
  • 赤色102号

 

 


女性は生理で鉄を失うことが多く、日本人女性の約50%が鉄不足の状態で、約20%が貧血であるといわれています。さらに若い女性の場合は、不規則な生活や無理なダイエットが原因で貧血になってしまうことも。そのほかに、おなかの赤ちゃんに鉄を供給する妊婦や、母乳とともに鉄が体外に出される産後のお母様、急激な成長により鉄の需要が増加する思春期のお嬢様なども注意が必要です。


 

 

妊娠中の貧血にいいものベスト5

第4位は「美めぐり習慣」

>>>第4位の理由は?

貧血改善のためのサプリメント。通常の錠剤より少し小さめで飲みやすいです。

レバーエキス配合やアセロラ、モロヘイヤなどのエキスなどが配合されています。
食品や薬ではなく、手軽なサプリメントで改善したい!という方にはお勧めします。

配合成分

  • 有機生姜末
  • 有機モロヘイヤ
  • スピルリナ(藻の一種)
  • ハーブエキスパウダー
  • 豚肝臓酵素分解物
  • マルトデキストリン
  • アセロラ
  • ヘム鉄(豚由来)
  • セルロース
  • ビタミンC
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ステリアン酸Ca
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • 葉酸

 

原料が天然ならば「生姜」や「アセロラ」という表記になるはずですが、独立して栄養素の名前があるということは添加されている可能性が大。添加物として書いてないところは不親切だなと思いました。

とはいえ、貧血に悩む女性が「サプリでなんとかしたい」と思った時には一番いい商品かもしれません。女性が開発に関わったという部分も好感度。

妊娠中でなく、通常時の貧血改善なら「美めぐり習慣」を選ぶかもしれません。
自然のものでなんとかしたい、という方には不向きですが。

 

 

 

妊娠中の貧血にいいものベスト5

第5位は「えがおのヘム鉄」

>>>第4位の理由は?

貧血対策だけではなく、ありとあらゆるサプリメントを安価で提供している「サプリメントトップメーカー」

ご年配の方で「えがおのサプリメントを一度も飲んだことがない」という方は少ないかもしれません。そのくらい多種多様なサプリメントを開発、販売しています。

吸収しやすいヘム鉄にプルーンやほうれん草をプラスしたサプリメント。
飲み続けることが大切ですが、忘れてしまって最後まで飲みきれずに食卓のカゴの中にある…なんてことのないようにしたいですね。

 

配合成分

  • 還元麦芽糖水飴
  • でんぷん
  • プルーンエキス粉末
  • ほうれん草粉末
  • ヘム鉄(豚由来)
  • セルロース
  • アラビアガム
  • ステアリン酸カルシウム
  • HPMC
  • グリセリン
  • 加工でんぷん

鉄分は肉や魚など動物性食品に含まれる「ヘム鉄」と、野菜や海藻類などに含まれる「非ヘム鉄」の2種類があり、それぞれ特徴が異なるのでバンラスよく摂取することが大切です。ヘム鉄は豚や鶏のレバー、牛もも肉、あさり、しじみなどに多く含まれ、非ヘム鉄は小松菜やほうれん草、高野豆腐などに多く含まれているので、食事のメニューにうまく取り入れましょう。

タンパク質やビタミンCを摂取すると非ヘム鉄の吸収率を高めてくれるので、これらの栄養素を含む食材を一緒に調理するのがおすすめです。反対に、コーヒーや紅茶には鉄分の吸収を妨げる作用があるので、食後に飲むのはできるだけ控えてくださいね。


 

お腹の赤ちゃんのためにも、貧血を改善しましょう。なるべく自然な方法で!

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress