サジーで貧血対策即効【2020年最新情報】自分で治せる決定版

鉄分補給だけじゃ改善しない貧血。三つの裏技でスッキリ!

ヘム鉄が貧血改善に必要な3つの理由

JV102_350A

貧血対策は鉄分補給が大切だけど、鉄分の種類まで考えよう。

つらい貧血症状から早く抜け出したい。貧血には鉄分を摂ることが大切ってことは知ってるから、鉄分の多い食品や、サプリメントで補給しよう。
でもちょっとまって。肉に含まれる鉄分、野菜に含まれる鉄分。この二つはちょっとちがうんです。

midori_23_point_s

 

 

ヘム鉄が貧血対策に必要な理由その1:

「鉄分の吸収率が高い」

貧血改善に必要な鉄分には、ヘム鉄と非ヘム鉄の二種類があります。

●ヘム鉄の特徴は

・豚肉や牛肉、レバー、魚や貝類などに含まれています。(動物性鉄分)
・身体に吸収されやすい

にられば

 

●非ヘム鉄の特徴は

・野菜や穀物に多く含まれている
・日本人が食事から摂る鉄分の85%は非ヘム鉄
・非ヘム鉄はたんぱく質やビタミンC、有機酸などと一緒に摂ると吸収率が上がる。

hourensou1

 

midori_23_point

 

 

ヘム鉄が貧血対策に必要な理由その2:

「胃や腸をあらさない」

ヘム鉄は、身体に吸収される際に、鉄ポルフィリン複合体というヴェールに囲まれているため、胃壁や腸管を荒さないといわれています。
さらに、そのヴェールのおかげで食物繊維やタンニンなどのによる吸収阻害を受けずに吸収されます。

midori_22_shikibou_s

 

ヘム鉄が貧血対策に必要な理由その3:

「ヘモグロビンの仲間だから」

貧血の原因は血液中に「ヘモグロビン」というものが少なくなってしまい、せっかく取り入れた酸素を体中に運べないことにあります。
ヘム鉄は消化吸収されたあと、たんぱく質と結びついてヘモグロビンになります。ヘム鉄でない「非ヘム鉄」は身体に吸収されたあと、ヘム鉄に変化してからヘモグロビンになります。貧血の改善という観点からすると、ヘム鉄は非ヘム鉄より「てまいらず」ということがいえます。

 

midori_28_yubisashi

 

 

妊婦さんはヘム鉄摂取に注意が必要です。

妊婦さんは、ヘム鉄をとろうとレバーをとろうとしますが、レバーはビタミンAを多く含んでいます。レバーで鉄分を摂取しようとすると、ビタミンAの過剰摂取になる可能性があります。

eiyou_niku_hamu_d_03

妊婦さんがビタミンAを過剰摂取すると、奇形児が生まれる可能性があります。ビタミンAは鉄分の多い小松菜(非ヘム鉄)などにも入っていますが、ここには少しカラクリがあります。

野菜に含まれているビタミンAは実際は「βーカロテン」とよばれるもので、身体に必要な分だけビタミンAに変化するのです。なので過剰摂取にはなりません。妊婦さんはレバーで鉄分を摂取しようとせず、

 


・ほうれん草 (100g中/2mg)

・切り干し大根 (100g中/9.5mg)

・乾燥ひじき (100g中/55mg)

・小松菜 (100g中/2.7mg)

・納豆 (100g中/3.4mg)


 

などの非ヘム鉄から鉄分補給を試みた方が無難です。

 

 

非ヘム鉄は吸収率が悪いので、鉄分の吸収率を上げるビタミンCや有機酸を一緒に摂取することが必要です。

 

私のおススメ貧血対策は・・・

「黄酸汁 サジージュース」
f-4貧血のクラクラ、全身が汗ばんできて、視界がせまくなって・・・
あ、やばい
そう思ったときには、もう。

つらい症状はなんとかしたい。
でも、薬にたよるのも、依存してしまいそう。
副作用も怖いし。

そんな私が試してみたのは、自然のジュース。
「黄酸汁 サジージュース」
自然のものは、薬とか科学的なものにくらべたら
副作用とかの心配がない分、ききめが弱いのかなあと思っていました。
ところが、このジュースは違ったんです!!
《くわしくはこちら》

midori_12_happy

 

貧血バナー03

44


Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress