サジーで貧血対策即効【2018年最新情報】自分で治せる決定版

鉄分補給だけじゃ改善しない貧血。三つの裏技でスッキリ!

朝起きれない・・・これは貧血?それとも低血圧?


貧血と低血圧。わりとごっちゃになってることが多いのですが、全く違うものです。
でも、症状は割と似てるかもしれません。

「朝、起きれなくて。低血圧なんだよね~」

これは正解。

 

低血圧といえば、俗にいう朝が弱い人です。

低血圧の原因は、心臓ポンプの力不足。
高血圧よりはいいじゃない?と言われます。
まあ、低血圧で「生活習慣病」になることはないし、医者も「低い分には問題ない」という方が多いです。
でも、やっぱりつらいですよね。

急に立ち上がった時や立った状態が長く続くと、心臓から血液を出す時の圧力が弱っている「低血圧」の人はちくらみや目まいでフラフラとします。
この状態は、一過性の起立性低血圧、もしくは脳貧血と言われます。
このことで「貧血なんだ」と勘違いすることが多いのです。

f76d4973b6a8fa54cdb0004fa01c41ba_s

 

貧血は血中の酸素が足りてない「酸欠状態」

貧血は、電車などで立っているとフラフラしたり、めまい、立ちくらみと言ったように、低血圧と同じような症状もありますが、原因はもっと深いところにあります。

貧血の原因は、血液がカラダ全体に送る酸素量が減っているのが原因です。
血液のメインの仕事は

  • 肺から取り込んだ酸素を体中に配達する
  • 食物から取り込んだ栄養を体中に配達する

という配達業務です。

 

血液の中には、ヘモグロビンという成分があります。
このヘモグロビンは呼吸で肺に入ってきた酸素と結びつき、全身の細胞に送りだします。
体は酸素をとても必要としていて、血液中の酸素を心待ちにしてます。

例えば酸素をたくさん含んだ血液だと、簡単に体中に酸素を送れますが、酸素がすくないと、心臓は「たくさんの血液を体中に流そう」とします。
なので、いつも以上に勢いをつけて血液を流します。
これが、ただ立ってるだけで心臓がドキドキするタネ明かしです。

また、ヘモグロビンは、酸素を運びながら、使用済みの二酸化炭素を集めてくる役割もしています。
配達もして、使用済みのごみの収集もする。
一日も休みなく働く血液と心臓に、無理をさせたくないですよね。

 

2d35001309067613cc5f1bdbbc28397d_s

 

ヘモグロビンの量が低下するとどうなる?

ヘモグロビンの量がすくなくなると、全身に送れる酸素量が減ってしまいます。

ヘモグロビンは酸素をたくさん抱えてるときは「赤い色」をしています。
それが薄い皮膚を透けて「肌色」をつくっています。

その赤い色が弱くなると

  • 顔色が悪くみえる
  • 唇の色が悪くなる

といった症状を起こします。

 

いつも疲れてる人は貧血かも

酸素を届けるヘモグロビンをしっかり送ろうと、心臓や肺がいつも以上に働くので、少し動いただけでも疲れやすくなります。
貧血の一番のわかりにくい症状は「疲労感」です。

なんとなく疲れが取れない・・・
寝ても朝から疲れてる・・・
階段を上っただけで息切れが・・・

これらは貧血の症状の一つです。

「もう、年かなあ・・・」

そう思う前に、血液検査をすることをオススメします。

1be8f1527716b291dc268af7a8f526cc_s

 

貧血は血液を失うことからはじまる

女性の場合は、生理での出血によって貧血を起こす場合があります。実際貧血患者は女性のほうが倍以上。また、日常的なダイエットや、瞬発過激なダイエットなどで、鉄分の摂取量が少ない場合は、徐々に貧血になってる可能性が高いです。

貧血の症状に慣れて「まあ、こんなもんか」と自覚症状があまりないケースもあります。


Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress