サジーで貧血対策即効【2020年最新情報】自分で治せる決定版

鉄分補給だけじゃ改善しない貧血。三つの裏技でスッキリ!

貧血を食事で改善:貧血は治る病気です。貧血原因にぴったりの天然果汁

貧血を食事で改善する方法

貧血の中でも一番多いのが「鉄欠乏性貧血」といわれるもの。
食事から摂る鉄の量が足りないことからおこります。

鉄欠乏性貧血を改善するには「鉄を食事で摂る」ことから始めないといけません。

鉄分04

 

貧血を食事で改善するには鉄分を多く含んだ食品を毎日食べる

  • レバー
  • ほうれん草
  • プルーン
  • あさり
  • ひじき

などを毎日とる必要があります。

レバー、ほうれん草、ひじき、あさり・・・。嫌いじゃないけど、毎日は食べれないなあ
レバー、ほうれん草、ひじき、あさり・・・。嫌いじゃないけど、毎日は食べれないなあ

 

貧血を食事で改善するには地道な努力が必要・・・。

毎日の食生活から「鉄欠乏性貧血になった」のは間違いないだろうけど、それを取り返す方法は他にないのかな??
だって普通に考えてレバー、ほうれん草、プルーン、ひじき、あさりとか毎日は食べれない。

調理にも時間かかるし。お金もかかるし。

やっぱサプリとか、おくすりとかに頼るしかないかなぁ。

鉄分07

実は、
食事で貧血を改善する方法として、
ぴったりの果物があるんです。

 

 

鉄分08

 それは《サジー》という、内モンゴルの果物なんです。

 

midori_06_thumbsup_s 貧血対策に必要な栄養素を4つとも含んだ《天然果実》
貧血対策に必要な栄養素を4つとも含んだ《天然果実》

サジーには

鉄分が豊富に含まれているといわれる食品よりも、もっと多くの鉄分がふくまれています。

例えば・・・

 

鉄分01

鉄分09

鉄分

 

鉄分09

鉄分03

鉄分09

天然の果実なのに、この含有量のすごさ!

hinketubannerbig

 

 

食事で貧血を改善する方法

《その他の貧血情報》

 

貧血予防のポイントは「鉄分を効率よく摂取すること」といえます。

そのためには
・鉄分の多い食品を知ること。
・鉄分の吸収率を上げる食品知ること
この2つが重要です。

 

食事で貧血を改善する方法:鉄には、【ヘム鉄】と【非ヘム鉄】があります。

【ヘム鉄】
・ 動物性食品に多く含まれています。
・ 体内への吸収率は10~20%

【非ヘム鉄】
・ 野菜などの植物性食品に多く含まれています。
・ 体内への吸収率は2~5%

一見、貧血予防には吸収率のよい動物性食品を沢山とればいいような気がしますが、食品は鉄だけでできているわけではないので、肉も野菜もやっぱりバランスよく食べることが重要です。

 

100gあたり鉄を多く含む食品の一例

バジル(粉):120㎎
タイム(粉):110㎎
あおのり(素干し):74.8㎎
あゆ(天然、内臓、焼き):63.2㎎
かわのり(素干し):61.3㎎
ひじき(ほしひじき):55㎎
セージ(粉):50㎎
いわのり(素干し):48.3㎎
あさり(缶詰、水煮):37.8㎎
きくらげ(乾):35.2㎎

 

わりと毎日食べやすい食品

かたくちいわし(煮干し):18㎎
えび、加工品(干しえび) :15.1㎎
しょうが(粉):14.1㎎
豚レバー:13㎎
とうがらし(粉):12.1㎎
ごま(いり):9.9㎎
切干しだいこん:9.7㎎
大豆:9.4㎎
かつお(加工品、削り節):9㎎
鳥レバー:9㎎

 

一緒に摂取することで鉄の吸収を上げる食品と下げる食品があります。

◆一緒に摂取して鉄の吸収率を上げるもの
・ビタミンC
・クエン酸などの有機酸
・アミノ酸
・ヘム鉄と非ヘム鉄を同時にとれる料理。

◆一緒に摂取して鉄の吸収率を下げるもの
・タンニン(お茶などに含まれる)
・シュウ酸(ホウレンソウなどに含まれる)
・フィチン酸(穀類や糖類に含まれる)

貧血改善は、毎日地道に。あまり気合を入れすぎると、「あれを摂らなきゃ」「これはだめ!」とストレスになります。気長にコツコツやりましょう。

 

一緒に摂取することで、たくさんの血液をつくる栄養素は「アミノ酸:たんぱく質」

0200

それが、サジーです。

 

貧血対策に必要な栄養素がまとめてとれる天然果汁!
貧血対策に必要な栄養素がまとめてとれる天然果汁!

Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress