サジーで貧血対策即効【2020年最新情報】自分で治せる決定版

鉄分補給だけじゃ改善しない貧血。三つの裏技でスッキリ!

★2018年夏の貧血対策はこれだ!

貧血対策:食欲の落ちる夏に要注意

貧血に悩んでいる女性は全体の20%を超える問われています。
めまいがする・動悸がする・立ち上がった時にクラッとする。
貧血の症状はkのような「いかにも」というものから

  • 疲労感
  • ガサガサ肌
  • ボロボロ髪質
  • ガタガタの爪

など、美容にも大きなダメージがあります。
貧血には「老けた」という印象を持たれる要素がたくさんあります。

一般的に貧血と診断される場合、血液の中のヘモグロビンが減少し、呼吸によって取り込んだ酸素を体の隅々まで運べない「鉄欠乏性貧血」が多いようです。

食欲ない夏には「貧血症状」を進行させる要因がたくさんあるのです。

 

夏の貧血は怖い:暑くて何度も目が覚める夜。睡眠不足

寝苦しい夜。クーラーを入れたら冷えすぎたり、タイマーで冷やしていても切れると目が覚めたり。
睡眠不足で朝が起きれない。
さらにすっきりと目が覚めないので、朝食を食べる時間的余裕がなくなってきます。

寝不足で
朝食抜きで
通勤電車に間に合うようにダッシュしたら・・・

車内でまってるのは「動悸・息切れ・めまい」の貧血症状。
ホームの階段を降りようとしてめまいがして、吐きそうになったり激しい頭痛がしたり・・・。つらい貧血症状が襲ってきます。

しっかりとした睡眠は、この時期とても難しいけれど、この3つを心がけて、まずは「寝る」ことに集中しましょう。

  • ぬるめの湯船につかりましょう。シャワーでは体の真が緩みません
  • 入浴後すぐ寝ると、体の表面が熱いままで眠れません。入浴から眠るまで2時間くらいはゆったり過ごしましょう
  • 寝る前に寝室にクーラーをかけて部屋を少し冷やしてから、タイマーセットで寝る

 

夏の貧血は怖い:さっぱり志向の食事で栄養不足

冷麺始めました。
そんな季節に、温かい料理は食べる気が起きないのもわかります。
ざるそばでお昼をささっと済ませないと、なんか胃がきつい。
それもわかります。だけど、夏の貧血にならないためには「栄養をバランスよく摂取」することが必要です。

貧血を改善するには鉄分をとらなければ。赤血球を作るために!

「鉄分不足」は貧血の一般常識。でも鉄分を補給だけではヘモグロビンは作れず、貧血は改善しないことを知ってる人は少ないです。

 

夏の貧血対策:鉄分とたんぱく質は貧血対策に必須の栄養素

鉄分はレバーを筆頭に、お肉に含まれることが多いです。
でも私たち日本人は昔から野菜などの「非ヘム鉄」から鉄分補給をしているのです。
非ヘム鉄は、動物性食品に含まれる「ヘム鉄」よりも吸収率が低いのが難点ですが、野菜などに一緒に含まれるビタミンCが吸収率を上げてくれることがわかっています。
やっぱり自然な食品は程よいバランスで助け合う栄養素が含まれているんですね。

鉄分と同時にたんぱく質(アミノ酸)をたっぷりとることが貧血対策には重要です。
少なくなったヘモグロビンは「鉄+たんぱく質」でできています。

鉄分をしっかり摂る食事をしてるのに、なかなか貧血が改善しないのは「たんぱく質・アミノ酸」が一緒に摂れてないからです。

アミノ酸の代表格は「お酢」です。
お酢は暑い時期にも取りやすいですよね。

 

 

でも、そんなにたくさんは摂れないなあ・・・。

そんなあなたにオススメの天然果汁があります。

cd560498b9e5dc26b2d114e5964a66ce_s

 

夏の貧血を改善するフルーツジュース。
一日ひとくちで「鉄分+たんぱく質+有機酸」は補給できるサジージュース。

あっという間に100万本を超えて大ヒット中。

くわしくはこちら↓↓↓↓

sappari


Liquid Blank Theme By Kozmik. Proudly powered by WordPress